永豊餘石材
心を込めてコミュニケーションし、真心をこめてサービスします。

恵安彫芸文化創意産業園は「福建省十大重点文化産業園区」に選ばれました。

恵安彫芸文化創意産業園は「福建省十大重点文化産業園区」に選ばれました。 恵安県は彫刻芸術企業855社を所有しています。従業員は10万人で、総生産額は151.4億元です。2011年の輸出出荷額は70億元を超え、全国の同類製品の43%を占めている。彫刻の創造性産業をカバー的に発展させることは、恵安彫刻という伝統産業のモデルチェンジとアップグレードを促進する上で積極的な意味を持つ。 革新は常にホイアン彫刻の核心精神であり、創意産業園の計画はホイアン彫刻の芸術をさらに拡張し、現代的な意味を持つ文化創造産業になる。8月29日、恵安彫刻文化創意産業園は「福建省十大重点文化産業園区」と評され、泉州で唯一入選した文化創意産業園となりました。 泉州恵安彫刻芸術文化創意産業園は恵安県全体をカバーし、崇武、山霞両鎮を核心区域とし、5000ムーの石彫刻石材産業園を建設する計画であり、世界彫刻公園、マスタースタジオ群、彫刻芸工房村、企業創意設計研発センター、彫刻工芸品専門市場、彫刻博覧センター、彫刻歴史博物館などのプロジェクトを組み合わせて建設する。磊芸、豪翔、栄発、鼎立などの国家級、省級工業観光スポットを結合して、彫刻文化観光ルートを開拓し、恵崇路山霞、崇武段の両側に沿って、主に彫刻芸百年の老舗を改造して建設し、彫刻文化廊下を建設し、「創意、研究開発、生産、商業サービスセットと旅行」を一体化した現代化彫刻芸術創意産業園区を目指します。現在、産業園プロジェクトは建設明玉彫刻、福建永豊余石彫刻文化芸術館、泉福芸彫刻などの彫刻文化創意投資プロジェクトを成功裏に導入しました。同時に、芸術創意産業園、佳豪工業園、騰飛建設グループ企業経済本部と日晟両岸の石芸文化創意交流センターなどのプロジェクトが話しています。 未来の恵安は集中と分散を結合する方式によって、いくつかの彫刻芸術の大家の仕事部屋を建設します。そして山霞鎮で1000ムーの玉彫刻創意基地を建設する計画を立てて、条件があって、意向がある企業を励まして先に試してみて、元の花崗岩などの石の種類の彫刻から玉の彫刻まで延びます。また、企業の伝統的な特色を維持するとともに、国内外のデザイナーと協力して、ファッション、先駆的なアイデアの理念を導入するよう誘導します。 今年の年末には、恵安県でも第一回の中国(恵安)国際彫刻芸術博覧会が開催されます。彫刻博覧会は「伝統的な彫刻文化が創意の未来をリードする」というテーマで、展示と販売、会議、試合の3つの方法を通じて、恵安彫刻の逸品を集中的に展示します。