永豊餘石材
心を込めてコミュニケーションし、真心をこめてサービスします。
image/DgoJIV5TSzOTR5sgY_jESQ
image/wRWhCW5LRBeWorzld6nIkw
image/jb7phPt_R5STi0uwB3kDDg
image/J2ZUsecSQNyDW1fp7WEKIQ
image/Zu8wZzVwRP-W1UlJwZmMSg
image/C_UBSv0ERQahlV22MIdMlg
image/Ur9TcRE2SBazQAJpp-aCHg
image/YYmHyb7LTXCempmZQ3nZ_A
image/YtiJnqnGRu2cXEDq10-f3A

遼寧省凌源市の地母寺

image/DgoJIV5TSzOTR5sgY_jESQ
image/wRWhCW5LRBeWorzld6nIkw
image/jb7phPt_R5STi0uwB3kDDg
image/J2ZUsecSQNyDW1fp7WEKIQ
image/Zu8wZzVwRP-W1UlJwZmMSg
image/C_UBSv0ERQahlV22MIdMlg
image/Ur9TcRE2SBazQAJpp-aCHg
image/YYmHyb7LTXCempmZQ3nZ_A
image/YtiJnqnGRu2cXEDq10-f3A
产品描述
商品パラメータ

恵安永豊余石材有限公司は遼寧省凌源市の地母寺再建の石像工事を引き受けました。地母寺は、凌源市の遼寧省にある。地母は、古代では「地祇」とも呼ばれ、先民の土地祭りと女性の崇拝が変化してきた。いわゆる“盤古伏羲の父系の尊、女性waの母系の化身”。凌源の母寺は「天下第一母寺」と呼ばれています。宮の中で白い花崗岩で六牙の神像を彫刻して、四面に観音、竜井、十八羅漢を噴水します。六牙の神像は平和と力の象徴で、永豊余社の彫刻の神様は四足がとりわけ太くて、二耳が大きいです。蒲ひまわりの扇のようです。両目がきらきらしていて、鼻が垂れています。鼻翼の両側には三つの根があります。四面観音の主体は四体の単体観音(法輪観音、浄瓶観音、送子観音、蓮の花観音)から一体になって、分部の彫刻を経て、精密でシームレスに構成されています。観音の体型はふっくらしていて、頭は高い髷を束ねて、頭のてっぺんは小さく仏陀を溶かして、顔は丸くてつやつやしていて、気持ちは落ち着いています。一つの観音の手で赤ちゃんを繋いで、三尊観音はそれぞれ法輪、浄瓶、蓮の花を持っています。優しさと優しさと厳かで厳かな芸術イメージを表しています。四面観音の両側に9体の羅漢の仏像を立てて、あるいは鉢を挙げて、あるいは塔を支えて、あるいは耳を掘って、あるいは物思いにふけって、あるいは怠け者を伸ばして、あるいは楽しく笑って、あるいは鹿、象、竜、虎を身につけて、表情は真に迫っていて、造型は簡明で、洗練されています。境内には白石、漢白玉を使って、手すり、須弥座、8メートルの歴史棟、青石、九竜蓒道などを彫刻しました。九竜は形がそれぞれ違っていて、自由自在で、威厳があります。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください
該当するパラメータグループが見つかりませんでした。プロパティテンプレートに追加してください。